21.山名八幡宮(やまなはちまんぐう)

安産・子育ての神社、境内にはカフェやパン屋が併設

【公式ホームページ】

【御朱印】

【主祭神】

息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)

※神功皇后

品陀和気命(ほんだわけのみこと)※応神天皇

玉依比売命(たまよりひめのみこと)

【鎮座地】

群馬県高崎市山名町1510-1

【アクセス】

上信電鉄「山名駅」徒歩1分

【駐車場】

有り(30台:無料)

【受付時間】

10:00 ~ 16:30

【定休日】

なし

【電話番号】

027-346-1736

【この神社で頂ける御朱印】

・山名八幡宮

・弁財尊天

【由緒】

社伝によると山名八幡宮は源氏の一族、新田氏の祖義重の子、山名義範が平安時代後期安元年中(1175~77年)、大分県に鎮座する八幡宮の総氏神の宇佐八幡宮より勧請されたと伝わります。

玉依比売命、品陀和気命(応神天皇)、息長足比売命(神功皇后)の 三柱を御祭神として祀り、祭祀を絶やすことなく今日に至っています。毎年、4月15日は「春の例大祭」、10月15日は「秋の例大祭」が催され、安産子育の宮として、「獅子頭」や「虫切り鎌」のお守りを受ける人で賑わいます。又、二股大根信仰も現在に生きていて、これを備えると特に安産と子授けにご利益があるとされます。

【参拝おすすめポイント】

4月15日と10月15日の例大祭では、狂言の奉納や、神輿の渡御などが執り行われます。境内にカフェやパン屋がありゆっくりとした時間を過ごせます。毎月第2土曜日は「なんぱち縁起市」が開催されています。