28.碓氷峠熊野神社(うすいとうげくまのじんじゃ)

群馬県と長野県の県境に御鎮座する全国にも珍しい神社

【公式ホームページ】

【御朱印】

【主祭神】

本宮:伊邪那美命(いざなみのみこと)

本宮:日本武尊(やまとたけるみこと)

新宮:速玉男命(はやたまのおのみこと)

【鎮座地】

群馬県安中市松井田町峠町1番地

【アクセス】

JR新幹線軽井沢駅より車で15分

しなの鉄道軽井沢駅より車で15分

※見晴台のそばです

【駐車場】

有り(10台:神社参拝者は無料)

【受付時間】

9:00 ~ 17:00頃(早くなる場合有)

【定休日】

12~3月の授与所開設は土日祝日のみ

【電話番号】

0267-42-3490

【この神社で頂ける御朱印】

・熊野神社

・季節ごとの特別限定御朱印2種類

(特別御朱印は、通常御朱印を受けた方のみ)

【由緒】

当熊野神社は「碓氷権現」「熊野権現」として世に知られる、日本三大熊野の一つ。中山道碓氷峠の頂上に位置し、群馬県と長野県の県境が神社の中央を通っている。景行天皇40年(西暦110年頃)日本武尊は上野を経て碓氷坂に差し掛かったが、濃霧にて迷われた。その時、一羽の大きな八咫烏が紀国熊野山の梛の葉を咥え来て尊の御前に落しながら道案内をし、尊は無事頂上に達することができた。碓氷峠に立った尊は棚引く雲海より海を連想され、相模灘で入水された弟橘姫を偲び「吾嬬者耶」(嗚呼愛しき吾が妻よ)と三度嘆かれた。以後ここより東の国を吾妻と呼ぶこととなった。(日本書紀)このことからこの地に日本武尊が紀国熊野の大神を勧請した。

【参拝おすすめポイント】

標高1200m余に御鎮座、境内より関東平野が一望できる非常に良い眺望。神社近くには神主が経営する名物「力餅」を提供する碓氷山荘(店名)という茶屋がある。豊かな自然の中山道をハイキングするのもおすすめ。