15.上野國総社神社(こうずけのくにそうじゃじんじゃ)

上野國内すべての神々が宿る神社

【公式ホームページ】

【御朱印】

【主祭神】

經津主命(ふつぬしのみこと)

【鎮座地】

群馬県前橋市元総社町1-31-45

【アクセス】

新前橋駅より徒歩15分

関越自動車道前橋ICより車で5分

【駐車場】

有り([第1P]40台[第2P]40台:無料)

【受付時間】

9:00 ~ 16:00

【定休日】

平日の仏滅

【電話番号】

027-252-0975

【この神社で頂ける御朱印】

総社神社

【由緒】

第10代崇神天皇の御代48年(紀元前50年)3月、皇子、豊城入彦命が東国平定のため上野國におくだりになられたとき、武運長久を願い軍神である「經津主命」を奉祀したのが始まりとされている。

大化の改新以後、律令政治のもと各国に国司が派遣された。国司は上野國内の神社に幣帛を捧げ参拝されていたが、総社制度の施行により上野國内14郡に鎮座する549社を当社に勧請合祀し総社明神と称えた。

社殿は、永禄9年北条・武田両軍の戦禍により灰塵に帰したが、ご神体である神名帳は難を逃れ、元亀2年に現在の地に再建された。

【参拝おすすめポイント】

安土・桃山時代の特徴である「極彩色」で描かれた本殿(県重要文化財)

樹齢800年のご神木