2.長良神社(ながらじんじゃ)

地域に『長良様』と慕われる、館林の総鎮守

【公式ホームページ】

なし

【御朱印】

【主祭神】

藤原長良公(ふじわらのながらこう)

【鎮座地】

群馬県館林市代官町11番38号

【アクセス】

館林駅より徒歩10分

東北自動車道館林ICより15分

※お車でお越しの場合は、館林記念病院のある交差点を西側へ お進みください。

【駐車場】

有り(15台:無料)

【受付時間】

9:00 ~ 16:00

【定休日】

なし(祭典等の為、不在の場合有り)

【電話番号】

0276-72-1542

【この神社で頂ける御朱印】

・長良神社

・館林七福神めぐり 恵比寿神

・子神社(兼務社:館林市赤生田町2215)

・大谷神社(兼務社:館林市成島町371)

【由緒】

御祭神藤原長良公は、贈太政大臣正一位藤原冬嗣公の長子で、権中納言兼左衛門督に任ぜられると、東国平治のため下向し民衆を憐れみ、病を癒し、貧を救い、仁恵を施した。薨去するや左大臣正一位、重ねて太政大臣を贈られ869年に大和国春日大社の末社に列せられた。

長良公の余徳を慕い、本国に分社するものが多く、赤井山城守照光館林城主が1233年当時の天福寺境内に社殿を造営し当地に勧請した。爾来氏子の崇敬厚く、1720年正一位長良大明神の宣旨を賜わり明治6年郷社に列しては、以降館林総鎮守として社頭殷賑を極めている 。

【参拝おすすめポイント】

主祭神長良公をはじめ、館林七福神恵比寿神をふくめ館林の総鎮守として十七柱の祭神が合祀されています。