3.国定赤城神社(くにさだあかぎじんじゃ)

昔からの くにさだ の神様

【公式ホームページ】

【御朱印】

【主祭神】

大己貴命 (おおなむちのみこと)

豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)

【鎮座地】

群馬県伊勢崎市国定町2丁目1528

【アクセス】

JR両毛線国定駅より徒歩10分から15分

北関東自動車道伊勢崎ICから車で10分

北関東自動車道波志江SICから車で15分

【駐車場】

有り(15台:無料)

【受付時間】

9:00 ~ 16:00

【定休日】

なし

【電話番号】

0270-62-2296

【この神社で頂ける御朱印】

国定赤城神社

大東神社

【由緒】

鳥羽天皇時に、源頼朝の家臣である安達藤九朗(あだちとうくろう)が上野国(現在の群馬県)の守護となり、御祭神の功績を尊んで社殿を創建したのが始まりである。

鎌倉後期の花園天皇の時代文保3年(1319年)、正親町天皇(おおぎまちてんのう)の時代である永禄年間(1558~1570年)国定越中守が安隠祈願のため、社殿を改修した。明治6年(1873年)、国定赤城神社は村社となり、同じく明治42年(1909年)12月には菅原神社、稲荷神社、富士神社などの境内末社18社を合祀する。そして昭和4年(1929年)4月5日より現在の場所へ移転改築した。平成17年(2008年)移築遷座75周年を記念して社殿改修が行われた。

【参拝おすすめポイント】

桜の季節になると、境内に奉納されてた桜30種類をご覧いただけます。