5.伊勢崎神社(いせさきじんじゃ)

1213年創建、28柱の神様を祀る伊勢崎町総鎮守

【公式ホームページ】

【御朱印】

【主祭神】

保食神(うけもちのかみ)

【鎮座地】

群馬県伊勢崎市本町21-1

【アクセス】

JR/東武鉄道伊勢崎駅より徒歩10分

関越自動車道本庄児玉ICより車で25分

北関東自動車道駒形IC/伊勢崎ICより車で15分

国際十王バス本町二番バス停下車し、徒歩すぐ

【駐車場】

有り(20台:無料)

【受付時間】

9:00 ~ 16:30

【定休日】

仏滅

【電話番号】

0270-25-0542

【この神社で頂ける御朱印】

伊勢崎神社

【由緒】

健保元年(1213)9月23日、三浦介義澄によって創建されたと伝えられていますが、創建当時の社地は明らかになっておりません。元徳元年(1329)、当時の国司である新田義貞が現在の地に遷し社殿を修理して八坂神・稲荷神・菅原神の3神を合祀しました。

現在の社殿は嘉永元年(1848)に造られたもので、彫刻が非常に緻密で壮麗です。代々の赤石城主の崇敬厚く、明治に至って氏子持ちとなりました。

伊勢崎という地名は古くは赤石の郷と云いましたが、元亀年間(1570~1573)に伊勢大神宮を勧請奉祀して伊勢崎と云うようになったと伝えられています。当社も元は飯福神社と称しましたが、大正15年に町内数社を合併し伊勢崎神社と改称致しました。

【参拝おすすめポイント】

彫刻が非常に緻密壮麗で見ごたえ有り。拝殿正面にはSUBARUの前身である中島飛行機が奉納した木製のプロペラがあり、渡航安全のシンボルとなっている。また、伊勢崎銘仙を使った御朱印帳やお守りがオススメ。