7.那波総社飯玉神社(なわそうじゃいいだまじんじゃ)

伊勢崎市の古社のひとつ、江戸時代の故事より勝負事に縁あり

【公式ホームページ】

なし

【御朱印】

【主祭神】

宇気母智命(うけもちのみこと)

大國魂命(おおくにたまのみこと)

【鎮座地】

群馬県伊勢崎市堀口町472番地

【アクセス】

JR伊勢崎駅よりバスにて15分、JR本庄駅よりバスにて20分(共に名和小学校前下車徒歩すぐ)

【駐車場】

有り(10台:無料)

【受付時間】

10:00 ~ 16:00(要予約)

【定休日】

なし

【電話番号】

0270-31-4178

【この神社で頂ける御朱印】

飯玉神社

【由緒】

安閑天皇元年(西暦532年)国主が奉斎したことを起源とし、宇多天皇が寛平元年(889年)に御霊神鏡を下し賜り神霊代として奉斎したと伝わる。平安末期には藤原秀郷の裔の那波太郎広純をこの地を領するにあたり氏神とし、以降上武両国(現在の群馬と埼玉)に飯玉・飯福神社を九十九社領地内に勧請し、その総本宮として当社を信仰した。

例大祭は10月17日に行われ、隔年で江戸期に藩主酒井氏が納めた神輿のご神幸を行う。旧暦11月末の午の日より13日間特殊神事「神集祭(ムギマキゴジンジ)」や7月24日には摂社八坂神社の八坂祭で茅の輪くぐりも行っている。

【参拝おすすめポイント】

鳥居をくぐり、参道より心願と共にお参りください。また、氏子の皆様のご協力で平成に入り修繕しました、摂社十寸穂国笹稲荷神社(祭神:倉稲魂命)も是非ご参拝ください。